スピーディーに引越しをするために選んだフルコース

22 7月, 2014 (11:11) | 引っ越し業者 | By: bzsftfLI

67063
以前引越しを行った際は、できるだけ早く引っ越し作業を終えたかったため、荷造りから荷解きまで引越し業者のスタッフの方にお任せできるフルコースをお願いしました。
すべて業者の方が行ってくれる分、引越し料金は高くついてしまうので、どうしようかすごく悩んだのですが、荷造りや荷解きをすべて自分一人で行うことはとても無理だと思ったため、思い切ってフルコースに申し込むことにしたのです。

引越し当日は、業者の方が本当に短い時間でテキパキと作業をして、あっという間に荷造りを完了させてしまいました。
さすがはプロの方ですね、無駄な動きなどは一切なくてスピーディーで、感動してしまうほどでした。

搬入先でも、家具の配置などもすべて行ってくれて、私は配置場所を指示するだけ、本当に楽チンでした。
荷造り、荷解きをする時間がない方、できるだけ早く引越しをしたい方、引越し費用をあまり気にしない方は、すべてをお任せできるフルコースを選んでみるといいと思いますよ。

引越しの見積りが断れない

67066
引っ越しの際に、引っ越し業者を使うと思うのですが、まずは見積りを取りますよね。
私は何回も引っ越しをしているのですが、この見積りの対応が毎回うまくいきません。

本当は、何社かに見積りを依頼し、安いところに決めたいなと思うのですが、いつも一社目で決めてしまうように仕向けられてしまいます。
営業さんがうまいんですよね。

何となくもうここでいいかという気持ちにさせられてしまう。
見積りの際に、すでに荷詰めの段ボールを持ってこられてしまったりするので、さらに断りににくくなってしまいます。

あと、見積りの際にグッズをプレゼント、なんていうキャンペーンをやっていて、それを頂いてしまうと、断れないですね。
私は今まで悪質な引っ越し業者に当たったことはないので、適当に決めてしまったことに後悔はありません。

見積りの営業さんの対応も悪くはありませんでしたし、ある程度大手の引っ越し会社ばかりを選んでいたことが良かったのだと思います。

大手のでお得な業者さんは一括見積りで探すのが良いとのことです。
参照リンク:お得な業者は一括見積りサイトで探しましょう。
これからのシーズンに引越しを検討しているのであれば、利用してみてください。

引越しを準備してみて感じたこと

23 10月, 2014 (18:08) | 僕達の引越し | By: bzsftfLI

引越しを準備してみて感じたこと
私は引越しを一昨年の夏に経験しましたが、引越しは準備をするのに時間がかかると強く実感しました。
特に長く住んできた家で荷物が多く溜まっている場合には、不用品の処分をするのが本当に大変です。
自治体によって分別が厳しいと月に一回か二回しか回収に来てくれないゴミが発生したり、ゴミの分別が面倒で手間がかかることも多く、私は不用品を回収してくれるサービスやリサイクルショップを活用して要らない物を処分しました。
また、引越しは家中のものを全てまとめて箱詰めしないといけないですし、次に住む人のことを考えると、掃除を同時にこなす必要もありがちです。
普段あまり使っていない部屋や押入れなどは、埃っぽくて掃除が大変でした。
引越しの準備はとても体力を使う作業ですし、出来れば友達や家族などに手伝ってもらうと効率が良くなるので安心です。
引越しは段ボールをなるべく数にゆとりを持たせて用意しておいたり、梱包の際には壊れやすい物は新聞紙で包んだり、新聞を適当に丸めて箱のスペースを埋めるとおすすめです。

引っ越しに関しても国が違えば考え方も違う

29 9月, 2014 (18:08) | 僕達の引越し | By: bzsftfLI

引っ越しに関しても国が違えば考え方も違う
主人の仕事の関係で海外で生活していた時期があります。
その地域の賃貸住宅は基本的に一年契約です。
不動産業者を介す場合、契約の際に紹介料として不動産業者に一ヶ月分の家賃分を払います。
大家さんには二ヶ月分の家賃を手付け金として渡しますが、これは大抵契約解消の際全額戻ってきます。
また、契約の際には三ヶ月から六ヶ月分の家賃を前払いします。
そのため契約時には相当のお金を準備して置かなければなりません。
これを一年に一度毎年繰り返すとなると結構家探しも引っ越しも面倒なものです。
また、この国の場合敷金のようなものはないので、自分が引っ越して出て行く時にはゴミも何も散らかしたまま、出ていきます。
そのため家を決めたらまずは何日か掛けて徹底的に掃除をする必要もあります。
これまでにその国で何度か引っ越しを経験しましたが、毎回契約を解消する際、大家さんが見違えるほどきれいになった家を見てたいそう喜んでくれます。
普段きれいに使うのはもちろん、やっぱり一年でもお世話になった家なので、出て行く際にもある程度掃除をして出て行くようにしていました。
こんな時、やっぱり自分が日本人であることをつくづく感じるのでした。

やっぱり大手のプロの引っ越しは違った

2 9月, 2014 (18:08) | 僕達の引越し | By: bzsftfLI

やっぱり大手のプロの引っ越しは違った
これまで、転勤のたびに引っ越しし、10回以上引っ越し業者を利用していますが、独身だったため荷物も少なくほとんど無名の格安の会社に依頼して、なんとなく済ませてきていました。
引っ越しなんてそんなものだと思っていましたし、ワンルームに暮らす男一人の荷物などさして高価なものもなく気にしたことはありませんでした。
期日まで終わればOKでした。
今回、昨年結婚して子供も生まれ、家族が増えてから初めて転勤で、所帯をもっての引っ越しとなり、嫁の意見もあり初めて大手の引っ越し会社に依頼することにしました。
まず、最初に見積額について驚きました。
確かに荷物がそれなりに多くなったと思いますが、距離は50キロ程度で比較的近かったにもかかわらず、予想外の高額に。
引っ越しはこんなにかかるものかと初めて当たり前の価格を目の当たりにしました。
それでも、家族がある以上きちんとした引っ越しをすべきかと、依頼することにし、当日の作業に望みました。
らくらくコースではなく、荷造りはある程度自分たちで行うプランにしたのですが、当日も驚かされたのは、スタッフの多さ。
たかが1家族の引っ越しに7名ものスタッフが動員。
しかもみんなテキパキと作業をし、これまでの業者さんと比べなんともシステマチックに仕事をこなす様子にビックリしました。
また、家中をこれまた短時間で、完璧な養生をするところも圧巻。
汚い毛布などではなく、綺麗な専用シートで家中パッケージされたかのような光景。
さらに大物家具や家電、小物に至るまで、魔法のような見たこともない工夫で、梱包していきます。
その素早さは神業で、あっという間に積み込みが完了しました。
積み下ろしも同様に、短時間で完了。
大手の仕事はこんなにも違うものかと、とても驚きました。
今後は安心感のある有名な引っ越し屋さんを利用することになると思います。

引越しをするときの荷造りテクニック

7 8月, 2014 (18:08) | 僕達の引越し | By: bzsftfLI

引越しをするときの荷造りテクニック
荷造りは、荷造りをしてくれる引越しのコースなら必要ありませんが、自分で荷造りをすることで引越しの料金を下げることが出来ます。
荷造りを自分で行なうときには、色々なテクニックがあります。
まずは、捨てるものと捨てないものを決めることです。
引越しは、一番ものを捨てやすいタイミングです。
必要のないものはしっかりと捨てたり売ったりすることで、引越し先をすっきりすることが出来ます。
重たいものは、出来るだけ小さい段ボールに荷造りしましょう。
重いものを大きな段ボールに荷造りすると、段ボールが破けてしまう可能性があります。
お皿といったような割れてしまうリスクのあるのものは、出来るだけ縦にダンボールに荷造りしましょう。
もちろん、ワレモノ注意と書く必要もあります。
段ボールは、しっかりとどこに置くか書いておきましょう。
どこに置くか書いておくようにすることで、引越しした後にスムーズに開封することが出来ますので、引っ越し後が楽になります。