スピーディーに引越しをするために選んだフルコース

22 7月, 2014 (11:11) | 引っ越し業者 | By: bzsftfLI

67063
以前引越しを行った際は、できるだけ早く引っ越し作業を終えたかったため、荷造りから荷解きまで引越し業者のスタッフの方にお任せできるフルコースをお願いしました。
すべて業者の方が行ってくれる分、引越し料金は高くついてしまうので、どうしようかすごく悩んだのですが、荷造りや荷解きをすべて自分一人で行うことはとても無理だと思ったため、思い切ってフルコースに申し込むことにしたのです。

引越し当日は、業者の方が本当に短い時間でテキパキと作業をして、あっという間に荷造りを完了させてしまいました。
さすがはプロの方ですね、無駄な動きなどは一切なくてスピーディーで、感動してしまうほどでした。

搬入先でも、家具の配置などもすべて行ってくれて、私は配置場所を指示するだけ、本当に楽チンでした。
荷造り、荷解きをする時間がない方、できるだけ早く引越しをしたい方、引越し費用をあまり気にしない方は、すべてをお任せできるフルコースを選んでみるといいと思いますよ。

引越しの見積りが断れない

67066
引っ越しの際に、引っ越し業者を使うと思うのですが、まずは見積りを取りますよね。
私は何回も引っ越しをしているのですが、この見積りの対応が毎回うまくいきません。

本当は、何社かに見積りを依頼し、安いところに決めたいなと思うのですが、いつも一社目で決めてしまうように仕向けられてしまいます。
営業さんがうまいんですよね。

何となくもうここでいいかという気持ちにさせられてしまう。
見積りの際に、すでに荷詰めの段ボールを持ってこられてしまったりするので、さらに断りににくくなってしまいます。

あと、見積りの際にグッズをプレゼント、なんていうキャンペーンをやっていて、それを頂いてしまうと、断れないですね。
私は今まで悪質な引っ越し業者に当たったことはないので、適当に決めてしまったことに後悔はありません。

見積りの営業さんの対応も悪くはありませんでしたし、ある程度大手の引っ越し会社ばかりを選んでいたことが良かったのだと思います。

大手のでお得な業者さんは一括見積りで探すのが良いとのことです。
参照リンク:お得な業者は一括見積りサイトで探しましょう。
これからのシーズンに引越しを検討しているのであれば、利用してみてください。

引越しをするときの荷造りテクニック

7 8月, 2014 (18:08) | 僕達の引越し | By: bzsftfLI

引越しをするときの荷造りテクニック
荷造りは、荷造りをしてくれる引越しのコースなら必要ありませんが、自分で荷造りをすることで引越しの料金を下げることが出来ます。
荷造りを自分で行なうときには、色々なテクニックがあります。
まずは、捨てるものと捨てないものを決めることです。
引越しは、一番ものを捨てやすいタイミングです。
必要のないものはしっかりと捨てたり売ったりすることで、引越し先をすっきりすることが出来ます。
重たいものは、出来るだけ小さい段ボールに荷造りしましょう。
重いものを大きな段ボールに荷造りすると、段ボールが破けてしまう可能性があります。
お皿といったような割れてしまうリスクのあるのものは、出来るだけ縦にダンボールに荷造りしましょう。
もちろん、ワレモノ注意と書く必要もあります。
段ボールは、しっかりとどこに置くか書いておきましょう。
どこに置くか書いておくようにすることで、引越しした後にスムーズに開封することが出来ますので、引っ越し後が楽になります。

引越しは自分の力だけでも行なえる

11 7月, 2014 (18:08) | 僕達の引越し | By: bzsftfLI

引越しは自分の力だけでも行なえる
引越しだからといって、必ずしも業者が必要というわけではありません。
か弱い女性の一人暮らしであれば仕方ないかもしれませんが、車の免許を持つ男であれば、引越しぐらい自分で、と考えるはずです。
引越しで運ぶ荷物の量にもよりますが、これは決して不可能ではありません。
最近の若者だと面倒だと感じて業者を利用するかもしれませんが、平成以前の昭和時代であればこのくらい誰でも経験したことなのです。
本気になって、よく考えてみてください。
荷物を移動するだけでお金を払うのって、なんかもったいないと思いませんか。
お金を稼ぐ大変さに比べたら、引越しを自分で行なうことなどたいしたことではないのです。
車の免許さえ持っていれば、自家用の車がなくてもレンタルでトラックを借りればいいのです。
決して、難しいことではありません。
私は、自分でできることはなるべく自分の手で、をスローガンにして生きています。
だから、引越しをする場合でも、できるかぎり自分の手で行ないたいのです。

初めての単身赴任はびちびちでした。

16 6月, 2014 (13:02) | 引っ越し業者 | By: bzsftfLI

3か月だけ事情があって単身赴任しました。
引っ越しは単身パック。

行き先もレオパレスにて家具、家電は揃っていました。
本社からの通達で急ぎで営業所を設営するとの事で始まった単身赴任は、会社も無く、何もなく、ただ現地に行って思考錯誤するとの事で送り込まれました。

一緒に行った部下も心配でした。
それでもまあ3か月ということでそんなに荷物はいらないだろうと引っ越しは単身パックでお願いしました。

運んだのは布団と衣類のみ、その他はパソコンとプリンターなので車で運ぶ事にしました。
そんなに荷物は無いだろうとなぜか強気でSサイズで依頼したのがまずかった。

人間意外と荷物があると感じた。
着替えといってもスーツに下着。

普段着にパジャマ。
布団も1セットとなるとかなり大きい。

そして靴。
意外な落とし穴ありとおもいました。

そんなこんなでいろいろダンボールに詰めたら、想定以上の量。
しかしながらさすがプロ、しっかりとカーゴにおさめて運んでくれました。

結局はそこに半年くらい過ごすことになり、あれやこれやとこの際だから処分したり、途中で追加で荷物を運んだりとしまさいたが、最終的には帰りもびちびちのSサイズ単身で帰りました。
帰った後の引っ越しでいらない物は処分する事にしたので、この際みたいな事も出来ました。

とはいえもうこりごりなところもあります。
引越しシーズンは早めの準備といいますがサラリーマンには突然やってくるので無理ですね。

単身パックとかは便利でしたけど。

ちゃんとダンボールにはメモっておきましょう

12 6月, 2014 (18:08) | 僕達の引越し | By: bzsftfLI

ちゃんとダンボールにはメモっておきましょう
引越しで一番大変だったのが、荷物がどこに入っているかでした。
このダンボールは子供部屋のもの、とわかっていればスムーズにできたはずです。
すぐに子供部屋へ持っていけたのです。
それがメモっていなかったので、いちいち開けて中身を確かめてからそれぞれ運んでいたのです。
これがとても面倒で、時間がかかりました。
引越し前に、ちゃんとダンボールには何が入っているかそれぞれメモっておけばよかったのです。
これには洋服、あれには食器とダンボールに書いておけばこんな事にならなかったはずなのです。
初めての引越しなので仕方がないと思いました。
とても勉強になったのです。
こうしておけばよかった、ああしておけばもっと簡単だったという事がいっぱいあったのです。
またいつか引越しをする時には、これがいい経験になったでしょう。
ただでさえ体力も神経も使う引越しなのです。
だったら少しでもスムーズに、楽に進む方法でできたらいいなと思っています。